【2023年】日間賀島の「たこ祭り」について、25年島に住んでいる私が詳しく解説します

日間賀島のたこ祭りについて知りたい!

日間賀島でお盆あたりに「たこ祭り」というお祭りがあることは知っているけど、「詳しいことはよくわからない」「たこ祭りについて詳しく知りたいな」って思ってる方は多いと思います。

たこ祭りの詳しいことが分かれば、その日に予約を取って日間賀島に泊まりに行きたいと思っている方もいますよね。

そこで今回は、日間賀島に住んでいる私が「たこ祭り」の詳しい内容をお伝えしようと思います。

本記事の内容

・たこ祭りの歴史内容

2023年のたこ祭りの詳細

・たこ祭りの日のおすすめの過ごし方

すず

この記事を書いている私は、日間賀島に嫁いで25年です。観光案内所に勤めています。

この記事を読めば、2023年の日間賀島のたこ祭りの事が全てわかります。

あなたの大切な旅行が失敗しないように、本記事をぜひ活用してください。

目次

日間賀島の「たこ祭り」について

日間賀島には花火があがる人気の2つのお祭りがあります。

1つは7月の第2土曜日開催のぎおん祭り、もう1つは8月12日開催のたこ祭り

この記事では8月12日の「たこ祭り」について詳しく書いていきます。

※7月第2土曜日のぎおん祭りについて、詳しく知りたい方はこちら

すず

ぜひ最後まで読んでいただいて、日間賀島のたこ祭りについて知ってもらえたら嬉しいです!!

たこ祭りの歴史

【たこ祭りの歴史】

たこ祭りはたこの供養と豊漁を祈願する祭りとして行われています。

たこ漁が盛んな日間賀島には、かつて漁師の網に掛かった大たこが仏像をしっかり抱えていたという言い伝えが残っており、その仏像は東集落にある安楽寺の「たこ阿弥陀(あみだ)」として島民に親しまれています。
たこまつりは平成4年ごろ、このような島の伝統を子供たちに伝えようとして、イベントを合わせた企画として始まりました。

たこ祭りの内容

まずは「たこ祭り」の開催場所です。

場所:東浜海水浴場(サンライズビーチ)

サンライズビーチは東港降りて徒歩3分。
港を降りたら向かって右側へ歩くとすぐにビーチが見えてきます。

たこ祭りは午前の部夜の部の2部があり、

午前の部は、たこ供養を主とした祭りが中心となっています。
※コロナ以降は祭りは行わず、神事のみ

夜の部は、中学生の島太鼓、転輪太鼓、打ち上げ花火などが行なわれます。

ビーチ近くの飲食店が特別に夜も営業しており、会場付近での飲食も楽しめます。

毎年この日を楽しみに、日間賀島を予約される方もたくさんいますよ!

ところで日間賀島の宿、もう予約しましたか?
日間賀島は宿泊施設が限られているので、早めの予約がおすすめです。
日間賀島の空室検索はこちら!!

たこ祭りの日の 空き状況をみてみる!!

2023年のたこ祭りについて

たこ祭りの内容はわかっていただけたでしょうか。

コロナ以降は簡略化の傾向があり、たこ祭りは夜に太鼓と花火を楽しんでいただくお祭りとなっています。

ではここから、2023年のたこ祭りの事を詳しく書いていきますね。

2023年たこ祭りの日程

2023年8月12日㈯

たこ祭りは、毎年必ず「8月12日」と決まっています。

お盆の時期に日間賀島に来ようと思っている方、たこ祭りの日がオススメです!

すず

この日は人気ですので、早めに予約をとっておいて下さいね!

日間賀島の宿は、もう予約しましたか?
日間賀島は宿泊施設が限られているので、早めの予約がおすすめです。
日間賀島の空室検索はこちら!!

8月12日の空き状況をみてみる!!

8月12日の空室を検索!!

2023年たこ祭り詳細

2023年のたこ祭りは昨年同様「中学生の島太鼓」「転輪太鼓」「花火大会」が行われます。

中学生有志の太鼓

日間賀中学校の閉校の為、中学生全員ではなく有志の皆さんが一生懸命練習して、

日間賀島伝統の、島太鼓を披露してくれます。

楽しそうに太鼓をたたく姿は、感動しますよ〜。

転輪太鼓

愛知県春日井市に拠点を置き日本のみならず、

海外でも活動している和太鼓集団が8月12日に日間賀島に上陸します。

その迫力を身体で感じてみて下さい。

花火大会

日間賀島の花火の凄さは、まず近さ!!
まさに頭上で上がっているという感覚。
そして音や振動や迫力を、全身で感じることが出来るんです。

自信を持って「見に来て下さい!」と言える、とっても素敵な打ち上げ花火です。

日間賀島の宿、もう予約しましたか?
日間賀島は宿泊施設が限られているので、早めの予約がおすすめです。
日間賀島の空室検索はこちら!!

たこまつりの日の空き状況をを見てみる

8月12日の日間賀島の宿泊場所を確保しましょう

8月12日のたこ祭りは東のお祭り。

サンライズビーチ(東浜海水浴場)付近の宿から埋まっていきます。

でも会場付近の宿が空いていない!と諦めないで下さい。

日間賀島は外周約5.5キロの小さな島です。
徒歩で1時間ぐらいで島を1周できちゃいます。

ということで、たこ祭りの日に宿泊を考えている方は、日間賀島の宿泊施設が空いてれば、
会場近くでなくてもぜひ予約を取って下さい。

すず

宿泊場所が会場付近ではなくても、車で送迎してくれると思いますので宿の方に聞いてみてね。

たこまつりの日の空室をみてみる

たこ祭りの日のおすすめの過ごし方

たこ祭りの日は夜に花火がありますので、泊まりで来ていただくお客様が多いと思います。

日間賀島でのおすすめの過ごし方をお伝えしようと思います。

たこ祭り以外でも、思いっきり日間賀島を満喫してくださいね!!

キッズアドベンチャー(有料)

毎年夏休み期間中に、東浜海水浴場(サンライズビーチ)で行われているイベント

シーカヤックやトランポリン、シュノーケリングなど11個ほどのプログラムから好きなものを選んで楽しめます。

朝早めに来ておいて、宿のチェックインの時間までキッズアドベンチャーを楽しむのがおすすめ!

予約などは特に必要なく、ふらっと行って好きなものだけ体験する事が出来ます。

キッズアドベンチャーが気になった方はこちらに詳しく書いています。

ドルフィンアイランド日間賀島(有料)

開催期間:2023年は5月27日㈯〜9月30㈯

開催場所:西浜海水浴場(サンセットビーチ)

イルカとタッチ出来たり、イルカと海の中でふれあえたり出来るプログラムです。

たこまつりの会場とは反対側のビーチですが、イルカと触れ合える貴重な体験が出来ますので、
ぜひイルカと触れ合ってみて下さい。

こちらの記事にイルカとのふれあいの予約方法も載せています。

海水浴(無料)

西浜海水浴場(サンセットビーチ)、東浜海水浴場(サンライズビーチ)どちらも海水浴が楽しめます。

海水浴期間:2023年7月3日〜8月31日

宿泊する場所に近い方の海水浴場を利用するのがいいですね。

海水浴に関して詳しく買いてある記事はこちらです。

まとめ

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました♪

今回は2023年の日間賀島のたこ祭りについて解説しました。

2023年 たこ祭り

たこ祭り開催日:毎年8月12日
場所:サンライズビーチ(東浜海水浴場)
内容:太鼓、打ち上げ花火(約1,000発)


8月12日に日間賀島に来た際には、太鼓花火大会でたこ祭りを楽しんで下さい。

そして他にもキッズアドベンチャーイルカとのふれあい海水浴など楽しい事が盛り沢山!!

もちろん日間賀島の美味しい海の幸も、お腹いっぱい食べて下さいね。

近年は全てのイベントが簡略化の傾向ではありますが、

夜の海水浴場で感動の「島太鼓」大迫力の「転輪太鼓」を見たり、綺麗な「打ち上げ花火」を見たり出来るのは、お祭りの日ならではですよね。

きっと素敵な思い出になると思います。

すず

この記事を読んで「たこ祭り」が気になった方は、
空きがあるうちに8月12日を予約しておくことをおすすめします!!

8月12日の空室を見てみる!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次